あわいにしえ本舗 公式Facebook
ゲストさん

ANCIENT RICE古代米

古代米とは

古代米は、日本の食文化の原点である稲の原種であり、野生稲の特徴を受け継ぐお米です。古代米は中国から日本に伝来されたもので、栄養価が高く、中国では滋養強壮として歴代の皇室のみに許された薬用食べ物であったとされ、効用は中医薬学理論に記されています。 日本では、古代米は白米より収穫量が少なく、明治以降ほとんど生産されなくなっていました。近年、古代米は白米に比べ、タンパク質やビタミン、ミネラル等が豊富であることが明らかになり、健康食として話題を集めています。阿波いにしえ本舗では佐那河内村の棚田で栽培される古代米を中心に販売をしています。


黒米

黒米

黒米は、玄米が黒色で五分づきにすると米が紫色になり、紫米とか紫黒米も言われ、その種類のほとんどが長粒のもち米ですが、うるち米もあります。古代米(黒米)は白米と比べ草丈が高くて倒れやすい、胚乳すなわち可食部の割合が低く稲穂から米がはずれやすい種子休眠性がある、などの特徴があり、脱穀にも手間がかかるため、大変高価な玄米となっています。元来黒米にはビタミン、ミネラルのほか、果皮にポリフェノールの一種であるアントシアニン系色素が含まれており、中国では「薬米」として漢方薬に重用されてきた長い歴史をもつ。黒米はおはぎのルーツともいわれている。


赤米

赤米

赤米は、赤米とは文字通り赤い色をした米で,玄米の糠部分にタンニン系の赤い色素を沈着させた野生稲に近い古いタイプの稲である。玄米が赤褐色で五分づきにすると米が薄紅色になり、独特の食感もある。赤飯のルーツは赤米と言われています。たんぱく質や各種ビタミン、ミネラル、ポリフェノールの一種であるタンニンが含まれています。古代の日本でさかんにそれが栽培されていたことは,さまざまな記録史料から知ることができ,正倉院文書にある天平6年(734年)の『尾張国正税帳』には,当時の尾張国から大量の赤米が税として都に納め られていた旨の記録が見られる。平城京遺跡から発掘された古代の木簡文書にも,赤米の貢納記録が残されていて,例えば1963年に平城宮造酒司(朝廷直轄酒造所)跡から発見されたユ点の木簡には,「但馬国養父郡老佐郷赤米五斗村長語部広麿天平勝宝七歳五月」との明確な墨書が確認でき,西暦755年5月に但馬国養父郡老佐郷の村長である語部広麿という人物が,五斗の赤米を都に税として納めたことがわかる。赤米の貢納を記した,こうした木簡文書は約20点も発見されている。


緑米

緑米緑米とは玄米の品種の一つで、皮の部分に緑色を帯びているのが特徴です。全国でも生産量が少ない貴重品種のもち種です。普通の白米もち種より粘りが強く甘みがあります。緑色の皮の部分にクロロフィルという緑黄色野菜に含まれている成分が含まれているため、緑色をしています。成分はほかに亜鉛やマグネシウム、繊維質を含みます。